他人の行為でけがをしたとき

交通事故など他人の行為による場合でも、健康保険組合の承諾を得れば健康保険を使うことができます。ただし、通勤途中や仕事中の場合、健康保険は使えません。

健康保険を使用する際は「第三者行為による傷病届」を提出

健康保険を使用する際は「第三者行為による傷病届」が必要です

交通事故など加害者(第三者)の行為による病気やけがの治療にも健康保険は使えますが、これは本来加害者が負担すべきものであり、健保組合が一時的にたてかえ、あとで加害者に請求することとなります。そのため、健康保険で治療を受けるときには、必ず健保組合に連絡して「第三者行為による傷病届」を提出してください。示談を行うときは、事前に健保組合に相談してください。
なお、業務上または通勤途上の交通事故は、「労災保険」の扱いとなり、「健康保険」で治療を受けることはできません。

健康保険で診療を受ける場合

①「第三者行為による傷病届」を提出

交通事故の場合は事故証明書など必要な書類を添付します。「第三者行為による傷病届」を提出せずに治療を受けると、保険給付の全部、または一部が制限されることがあります。

②示談の前に健保組合へ相談をする

示談の内容によっては正当な医療費の請求ができなくなってしまう可能性もあるため、事前に健保組合に相談してください。

交通事故でけがをしたとき

条件 業務外の交通事故によるけがの治療に健康保険を使う被保険者・被扶養者
必要書類

交通事故に関する書類一式
記入例

交通事故に関する書類一式 (自損用)
記入例

提出期限 すみやかに
手続き方法 「交通事故に関する書類一式」等にに記入し、必要書類とともに当健保組合へ提出してください。

 

他人の行為でけがをしたとき(交通事故以外)

条件 業務外の他人の行為でけがをしたときの治療に健康保険を使う被保険者・被扶養者
必要書類

第三者行為による傷病届

提出期限 すみやかに
手続き方法 「第三者行為による傷病届」等にに記入し、必要書類とともに当健保組合へ提出してください。